日本ののぼりの歴史について

わたしたちは毎日の生活の中でのぼりを見かけることはよくありますが、こののぼりというものは日本ではかなり昔から利用されており、古い歴史があるのをご存知でしょうか?

そもそものぼりというのは、元は戦の際に自分たちの敵味方であるかどうかを見極めるため、目印の様な意味合いで使われていた様です。

次第に武家の間では家紋を染めたのぼりを端午の節句に飾るという習慣ができ、そして庶民の間では、文字だけではなく金太郎や武者などの絵がかかれたのぼりが増えてきた様です。

鯉のぼりはこののぼりから生まれたのかもしれませんね。

現代ののぼりはお節句というよりも、様々なことにおける広告の意味合いを持つものが多く見られますね。

お店の軒先やイベント会場の中などでのぼりを見かけることがあります。

その他、お祭りや相撲会場、神社などでのぼりは今でも大活躍しています。